So-net無料ブログ作成
検索選択

加藤初の死因は直腸がん!韓国SKでコーチをしていた。 [訃報]

加藤初が死去した。


死因は直腸がんだったようだ。静岡の
病院で息を引き取り、現在は葬儀も
執り行われた後だという。


スポンサーリンク





加藤初の死因は直腸がん


加藤一の死因である直腸がんとは、どの
ような病気なのか??


直腸がんとは男女比率でいうと、やや男性
に多く、がん死亡率の4位だ。


大腸がんになる人は年々増えているが、
その背景には食生活が関係しているの
ではないかと言われている。


まだ原因は断定できない状態なのだが
動物性脂肪の過剰摂取が有力な説だ。


大腸がんになると便秘になりやすく、
腹痛を起こしやすくなる。


なかなか病気だとは気づきにくく、異変
を感じ病院に行ったときには、症状が
進行しているケースが多い。


大腸がんは異変を感じた時点で検査を
受ければ軽症で済むこともあるので、
早期検査を心がけたい。


加藤一は死去時66歳だった。まだまだ
若かったのに、残念でならない。


昨今、がんで亡くなる人が多いので、
他人事ではなく自分にもおこりえること
なのだと思わなくてはいけない。


加藤一は韓国SKでコーチをしていた


加藤一は選手を引退後、プロ野球解説を
務めたり西武の投手コーチを務めた。


そして2007年、韓国SKの1軍投手
コーチに就任。その年の韓国1位に貢献し
た。


2008年も優勝し、球団史上初となる
2年連続優勝を成し遂げた。これは加藤一
のコーチ力も大きく関係している。


2009年は負けたものの、2010年には
また公式戦優勝。韓国シリーズ優勝に
大きく貢献した。


韓国といえば、野球では日本のライバル
関係にあるが、強豪韓国の土台を築いた
のは加藤一なのかもしれない。


スポンサーリンク





ネットの声


加藤初の死去について、ネットではどんな
意見があるのかチェックしてみた。

・昭和の野球人がまた一人亡くなってしま
った

・ピンチでも表情を変えない姿が印象に
残っている

・牽制球がスゴク速くて話題になってた

・連敗ストッパーだったな

・鉄仮面まじかよ

・投げれば勝てるけど、故障ですぐ離脱
するイメージだった

・韓国でコーチしてたのに

・昔から若おっさんなイメージだったけど
好きだった、残念


余談


選手時代は感情を表に出さないポーカー
フェイスだったので、鉄仮面という愛称で
呼ばれていた。


だが鉄仮面という愛称とは裏腹に、実は
ひょうきんな人物だった。


当時珍しいファミコンを趣味にしていた
ところからも、人物像が伺い知れれる。


まとめ


往年の名選種がまた一人、この世を
去った。


しばらく前に長嶋茂雄が倒れたことが
あったが、長島茂雄は健康管理に人一倍
気を使っていた人物だ。


そういう人でもガンになったりする。


今の世の中を生きている人は不健康な生活
を送っている人が多い。がんや病死の
ニュースが出るたびに、自分の健康も考え
なければいけない。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。